スローな生活日和

アクセスカウンタ

zoom RSS オクラとアブラムシとテントウムシ

<<   作成日時 : 2015/07/28 18:23   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

暑い日と雨が降って気温が上がらない日の繰り返しです。昨日はは暑くて昼前の畑の温度は37度ありました。今日は雨の予報だったのですが、結局雨は降らず、とても蒸し暑い1日でした。2週間ほど前からオクラが穫れ始めました。オクラの栽培はアブラムシとの戦いです。今回の記事は虫の写真が多いので、虫が苦手な方は途中から最後の方にジャンプしてください。

画像



画像
我が家で栽培しているのは島オクラです。一般的な5角形のオクラに比べ大きくなっても柔らかいので、家庭菜園向きです。



画像
オクラは種を蒔く前に含水させ、少し芽(根)が出てから蒔くと良いようです。
写真は、去年(2014年)に前の年(2013年)の種と4年前(2010年)の種を含水させて発芽がどうなるか試してみた時の写真です。新しい種の方が早く発芽するようです。(白いのは芽というより根です)



画像
今年も2013年の種が残っているので使いました。2年たっても発芽は問題なく、芽(根)出しした種をポットに蒔きます。



画像
種を蒔いてから10日ほどで双葉が開いています。



画像
今年はアブラムシ対策としてポットを入れる箱をアルミテープやキラキラテープでデコレーションしてみました。



画像
種蒔して約2週間、葉の裏に透明なポツポツが出てきました。



画像
去年、このせいかわかりませんが、これが出たあと、元気がなくなったので、もしやアブラムシではと思い、水で洗浄しました。
(後で調べたら、オクラに含まれているムチンが固まったものと分かりました。)



画像
6月7日に定植しました。今年は24株植えました。


注意!! ここから先、虫の写真が沢山あります








画像
定植してから1週間もたたないうちに、葉の裏に蟻がアブラムシを運んでいるのを発見。



画像
キラキラテープを張って。



画像
蟻とアブラムシを食器/野菜用の洗剤を少し入れた水で洗い流しました。噴霧器の水量を調整すると、結構いい具合に洗い流せます。



画像
そんなことで安心していられないアブラムシ。
1ヶ月後には葉の裏にビッシリと付いていました。



画像
また、洗浄しようと思ってよく見たら、沢山のテントウムシが食事中でした。これは幼虫。
テントウムシは成虫、幼虫ともアブラムシの天敵。ここはテントウムシに任せることにして、洗浄は取りやめました。



画像
名前は分からないけど、テントウムシ



画像
こちらも


画像
ちょっと怪しげなものでしたが、テントウムシの幼虫が脱皮したときの抜け殻のようです。



画像
こちらは?
ひょっとしてと思って調べたら、予想通りテントウムシのタマゴでした。
よく見ると、黄色いタマゴの左側にアブラムシがうごめいていました。
孵化した幼虫たちのエサになるのでしょうか。



<ここから先、虫はいません>


画像
10日後のオクラの葉の裏側。あれだけ沢山いたアブラムシが見当たりません。
右側の白いものもテントウムシの幼虫のようです。
さすがテントウムシ。もっと早く来てくれたらいいのに。。。。



画像
今のオクラの畝。



画像
オクラの花。



画像
ハナガラ (花殻)の帽子をかぶったオクラ。。。


オクラの栽培はアブラムシとの戦い。テントウムシに助けられました。

何年もオクラを栽培していましたが、慌ただしく作業をしていて、細かい観察ができてしていなかったようです。
ムチンの玉、テントウムシの卵、白いテントウムシの幼虫。。。

よ〜く見ると主役が沢山います。



画像
今回、観察用にルーペを買いました。
写真には撮れないけど、これから小さなものも観察していきます。


虫の写真に最後までお使いくださり、有難うございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
オクラとアブラムシとテントウムシ スローな生活日和/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる